News

◆サロンでやってもらったジェルネイル!長持ちさせる方法◆

セルフネイルに比べると長持ちするけれど、サロンでやってもらうと次回の予約のタイミングまでちゃんと持つかどうか不安になったりしますよね?せっかくお金を払ってやてもらったジェルネイルをなるべく長持ちするコツを覚えておきましょう。爪にとって一番良くないのは乾燥だと言われていますが、キューティクルオイルやハンドクリームで保湿するだけでなく、他にも気を付けるポイントがあるんです!

t02200244_0800088812893965847*水や洗剤に気を付ける*

食器を洗うときは手袋を付けるように・・・と、サロンで言われる方も多いと思いますが、お風呂掃除やトイレ掃除、床掃除の時に素手でやったりしていませんか?洗剤の成分が手についたり、スポンジやブラシで細かな傷がついたりしてしまうので、必ず掃除の時も手袋をしましょう!また、意外とやってしまいがちなのがプールや温泉で長く手を水に浸けてしまうことです。プールの消毒に使われている塩素や、温泉の成分にジェルを取れやすくしてしまう成分が入っていると言われるものもあります。全く水に触れないのは無理ですが、少しずつの積み重ねが持ちに大きく影響するので意識してみて下さい。岩盤浴やホットヨガなどの高温多湿な場所も長時間滞在するとジェルが剥がれやすくなる場合もあります。

CIMG0642

__*爪に負担をかけない*

いつもジェルが取れるのは利き手から・・・という方は、爪に負担をかけすぎているのかもしれません。毎回同じ指から取れることが多いというあなたは、手の使い方を見直してみてもいいかもしれません。缶ジュースの蓋を開けたり・・・ダンボールたたむ時・・・テープやシールを剥がしたり・・・ペットボトルのセロハンを剥がしたり・・・キーボードを打ったり・・・。日常生活の中で使う動作の中で爪への負担を減らすだけでもかなり違いが出てきます。シャンプーをする時に専用のブラシを使うのもいいですね。また、アトピー体質だったり花粉の時期など、寝ている間に無意識に肌を掻いてしまったりすることも、寝る前にハンドクリームとキューティクルオイルを塗って綿や絹の手袋をして寝る事で、乾燥も防げますし爪と肌へのダメージも軽減出来るのでオススメです。また、ミカンや柑橘系のもの、柑橘系の成分が入った洗剤に触れるのも注意が必要です!ジェルネイルの表面が変色してしまうこともあります。

CIMG0683

CIMG0647

*爪が伸びてきても短くしない*

ジェルネイルを付けるときは爪の表面だけでなく、先端の爪の厚みの部分までしっかりとコーティングしてあります。爪切りや爪やすりを使って短くしてしまうと、せっかくの先端のジェルも削ってしまい、先端から剥がれやすくなってしまいますので気をつけましょう。ジェルネイルを付けるときは、3週間~4週間後の爪の長さを想定して短めに付けてもらうのもいいかもしれませんね。

CIMG0651

 

 

ジェルネイルを長持ちさせるポイントはこんなに沢山あったんです!毎日、コツコツとネイルケアを重ねてジェルネイルをもっとずっと楽しみましょう☆