News

◆絶対にダメ!やってはいけないジェルネイルの落とし方◆

*間違えた方法でジェルをオフすると?*

爪が薄くなる・・・。水やお湯がしみる・・・。表面がザラザラ・・・。こんな経験ありませんか?1度こういう状態になってしまうと元に戻ることはありません。爪が伸びるのを待つしかないのです。

 

①無理やりはがす

爪とジェルの間に隙間ができると気になりますよね・・・。空気をいれて、剥がしたくなりませんか?でもこれ、爪の層も一緒に剥がれちゃうんです!絶対にやめてくださいね!

 

②爪やすりで削る

このやり方は100%間違っているわけではありません。昔のジェルネイルはこの方法でジェルを落としていました。昔のジェルネイルは「ハードジェル」と言って、ジェルリムーバー等で落とすことが出来なかったので爪やすりで削って落としていました。プロのネイリストならこのやり方でも綺麗に落とすことができますが、これは どこまでがジェルなのかどこまでが自爪なのか、なかなか分かりません。そして間違って自爪までも削ってしまう恐れもありました。

 

③除光液で落とす

除光液はマニキュアで落とせる程度の液体なので、ジェルネイルを落とすことは、ほぼ不可能と言っていいでしょう。もしも出来たとしても、ものすごく!時間がかかるので、その分 爪や肌へのダメージが大きくなります。

 

爪が薄くて弱いからジェルネイルを始めた!可愛いしキレイ!お友達がやっていてすすめられた!ブライダルで初めての挑戦!などなど、ジェルネイルを始めるきっかけって人それぞれですよね。そしてほとんどの皆さんが「1ヶ月自分の指先がキラキラしてて、仕事のストレスも吹っ飛んだ☆」「爪が割れずに伸ばすことが出来て嬉しい☆」「これからも続けたいわ☆」「ジェルネイルって家事をしても取れないから主婦にはぴったり☆」と、喜んでくれる方が多いのです。だからこそ!間違ったジェルの取り方で爪を痛めないようにして、色々な可愛いアートでジェルネイルを楽しみましょう☆まずは、自分で落とさずネイルサロンで取ってもらいやり方を見てみるのもいいですね。